これが僕ですよ

蒸し餃子

蒸し餃子


国籍:中国
星座:ひつじ
血液:O型
住所:スワトウ→珠海→神戸→広州

趣味:読書・漫画・アニメ・ゲーム・日本語・バドミントン…

モットー:やらずに後悔するよりやって後悔する

最近の記事

コメントありがとう

トラックバックありがとう

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

僕と友達になりませんか?

mixiで会いましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『I"s』からの贈り物

 今日、桂正和の名作『I"s』を読み終わった。涙が出るほどめちゃくちゃ感動した。なんてこんなに似てるんだろう、僕と一貴??

 僕も高校時代に、高嶺の花を仰ぎ見るように、優秀な同級生女の子に憧れていた。最初は遠くから彼女の後姿を眺めるだけで満足だったが、いつの間にか「話しかけたい、友達になりたい」って思い始めた。好きな女の子を前にしてこそ不器用になる性格だから、いろいろ仕掛けてがんばったんだけど結局失敗した。


mygirl

 (高校時代の僕が描いた「伊織」でした。)

 似てるけど、一貴ほど幸運じゃなかった。僕の伊織は、僕の髪の毛一本も胸に置いてはくれなかった。

 キューピットのいたずらだったか、僕は心に傷を負ったまま、その子と同じ大学に入ることになった。そこからまた涙ぼろぼろの悲歌が作れるほど、痛々しい二年間を過ごした。

 今はもうその片思いから卒業したけど、思い出すたびにため息をついてしまう。

 愛情というのは、信じてがんばったら手に入るもんじゃないんだよな。縁というか、相性というか、二人を結び合う糸がなければ、どんなに努力しても幸せの花は咲かせないのだろう。本当は運命なんて信じたくないが、ここに来ると信じようかなかろうか、もう身を任せるしかない。

 『I"s』を読んでよかった。何度も失敗を経験してきたが、愛を求める気持ちが変わってないことに気づき、すごくうれしかった。

テーマ : 過去を振り返る - ジャンル : 恋愛

<< 広告よ、死んでくれ!! | ホーム | 今日はチャイニーズ・バレンタインデー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。