これが僕ですよ

蒸し餃子

蒸し餃子


国籍:中国
星座:ひつじ
血液:O型
住所:スワトウ→珠海→神戸→広州

趣味:読書・漫画・アニメ・ゲーム・日本語・バドミントン…

モットー:やらずに後悔するよりやって後悔する

最近の記事

コメントありがとう

トラックバックありがとう

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

僕と友達になりませんか?

mixiで会いましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告よ、死んでくれ!!

広告よ、死んでくれ!!

『I"s』からの贈り物

 今日、桂正和の名作『I"s』を読み終わった。涙が出るほどめちゃくちゃ感動した。なんてこんなに似てるんだろう、僕と一貴??

 僕も高校時代に、高嶺の花を仰ぎ見るように、優秀な同級生女の子に憧れていた。最初は遠くから彼女の後姿を眺めるだけで満足だったが、いつの間にか「話しかけたい、友達になりたい」って思い始めた。好きな女の子を前にしてこそ不器用になる性格だから、いろいろ仕掛けてがんばったんだけど結局失敗した。


mygirl

 (高校時代の僕が描いた「伊織」でした。)

 似てるけど、一貴ほど幸運じゃなかった。僕の伊織は、僕の髪の毛一本も胸に置いてはくれなかった。

 キューピットのいたずらだったか、僕は心に傷を負ったまま、その子と同じ大学に入ることになった。そこからまた涙ぼろぼろの悲歌が作れるほど、痛々しい二年間を過ごした。

 今はもうその片思いから卒業したけど、思い出すたびにため息をついてしまう。

 愛情というのは、信じてがんばったら手に入るもんじゃないんだよな。縁というか、相性というか、二人を結び合う糸がなければ、どんなに努力しても幸せの花は咲かせないのだろう。本当は運命なんて信じたくないが、ここに来ると信じようかなかろうか、もう身を任せるしかない。

 『I"s』を読んでよかった。何度も失敗を経験してきたが、愛を求める気持ちが変わってないことに気づき、すごくうれしかった。

テーマ : 過去を振り返る - ジャンル : 恋愛

今日はチャイニーズ・バレンタインデー

 みなさん、お久しぶりです。ずっと更新を怠けててすみませんでした。中国の祝日をひとつ紹介しましょう。

 今日(旧暦正月十五日)は元宵節、中国のバレンタインデーといわれる祝日です。

 食べ物:湯円(餡の入った団子。「元宵」ともいう)

 行事:灯篭や提灯を飾る。竜灯踊り。灯篭謎遊び。

 僕にとって、元宵節について一番印象に残ったことといえば、2002年つまり高三の後期にあった元宵節の夜、同級生と灯篭謎遊びに行って、まるでゴールデンコンビみたいに謎を次々と当てて、景品のコップを数十個もらってきたことです。
 
 で、なぜ中国のバレンタインデーといわれるんですか?

 むかしむかし、封建時代の中国では、女の子は外出を制限されていて、お祭りのときしか外遊びできないんです。ゆえに、みんなが町に出て賑わう元宵節が、恋人たちのデートの一番いいチャンスであります。もちろん、独身の男女たちが恋人を探す絶好の機会でもあります。

 というわけで、中国のバレンタインデーといわれるのです。

 まぁ、西洋のであれ、中国のであれ、バレンタインデーなんて僕にとっては縁のないもんです。今年も独身バレンタインデーでした~

 泣こうか俺?いや、笑おう…

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

人生の一課(その3)

(5)夢と現実について

 D:僕は小さいころから雑誌の編集者になりたいという夢を持っています。だから営業の仕事をやめて、今は失業中なんです。しかし、日本語雑誌の編集という仕事がなかなか見つからなくて、やっぱり夢をあきらめるしかないかすごく迷ってるんですよ。

 Z:夢はあきらめる必要はないよ。胸に置いておけばいいんだ。今は仕事してお金を稼いで、将来の夢を実現するためにがんばればけっこうだ。そして、たとえばアイディアが10個あるとしたら、全部出しちゃだめよ。最初は3個出して、一つ一つやってみる。一番目がダメだったら、二番目を試みる。これいけるぞってわかったら全力でやる。

 D:でも現実は、僕には日本語しかないんですよ。僕にとっては、日本企業で営業をやるのが一番便利な道なんですけど、営業ってお客さんと交渉するとき、たくさんお酒を飲んだり、会社の利益のためにうそをついたりするんじゃないですか。それがいやなんですよ。だから営業の仕事をやめたんです。

 Z:営業が嫌いと言う人は、夢なんか実現できないよ。確かにつらいけど、それが耐えられないと、成長できない。うそはダメだよ。でも誇張するのは大丈夫。黒を白にするのがうそ、1を3にするのが誇張だ。物事を順調に運ぶためには、誇張がときどき必要なんだ。人にけちをつけるのは簡単だが、人の長所を探すのはなかなか難しいよ。それでもがんばってひとつだけでもいいところを見出しほめてあげる。それも誇張だ。

(6)営業について

 Z:営業をやりなさい!営業って勉強するのにお金がもらえるわけなんだ。これほどいいお客さんはいないよ。日本人のお客さんと接しなさい。考え方がちょっと違うんだろう?

 営業の一番いいところは、アンテナをつける能力が身につくことだ。いろんな人と接触しながら、知らないところから情報が入ってくんだよ。アンテナをつけてない人なら、「あっ、こういうことがあるんだ」って終わり。私がこの結婚相談の仕事を始めたきっかけも、友達のひと言だけだった。その友達は「○○さんが中国人の奥さんをもらって、とても幸せそうだよ」って言ったんだ。私がこの仕事を七年も続けてやってきたのを見て、彼は「私のひと言で君がここまでやるとは思わなかったなぁ」とびっくりした。

 雑誌を作るのも、家に閉じこもってどれほど考えても実現できないんだ。外に出て、たくさんの人と合って、きっと今までにない新しいアイディアが出てくるんだ。

 以上、ゾンセンさんとの会話を記録させてもらった。

 まさに人生の大事な一課である。ありがとう、ゾンセンさん!もう悩んだりしませんよ。再び営業マンとして自分を鍛えながらお金を稼いで、雑誌を作る夢を実現させて見せます!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

人生の一課(その2)

 感謝の気持ちを込めて、ゾンセンさんとの会話をここに記録しておこう。(Z:ゾンセンさん D:蒸し餃子)

(1)国際結婚について

 D:(中国人の女性が)結婚して日本に行ったら、ほんとうに幸せになれるでしょうか?ニュースでときどき、中国人の妻が日本の生活に慣れず、パニックに陥ったりすることを聞いてますよ。ここにきた女の子たちはみんな深く考えてないようですけど。

 Z:深く考えないほうがいいよ。いろいろ想像しても、実際結婚して生活して、え?違うなぁって思うだろう。私は結婚して三十年も生きてきたからわかるよ。

 D:普通の夫婦はそうかもしれませんが、これはふるさとを離れて日本に行くんですよ。ホームシックを感じたり、さびしいじゃないですか。

 Z:心さえ独立すれば、家族と同居しようと、ふるさとを離れようと、関係ないよ。心が独立できなければ、家族に頼りすぎると、たとえ親と一緒に住んでいてもダメなんだよ。

(2)中日関係について

 Z:過去のことももちろん重要だけど、今からどうすればいいか、それがもっと大切なんじゃないの?日本は確かに六十年前に悪いことをした。でももう反省したんだ。いまさら戦争なんかしないよ。過去にこだわり過ぎると、前に進まないじゃない。アメリカとかに侵食されないため、アジアの国は手を組むべきなんだよ。極端に言えば、アジアは草食動物、アメリカ・ヨーロッパは肉食動物だ。

(3)中国の発展について

 Z:早すぎる。それに、バランスが悪い。豊かなところは日本のお金持ち以上に贅沢する一方、貧しいところは何もない。交通も不便だし、電話もない。日本では過疎化などの問題も抱えているが、必要な公共施設は国民一人一人に行き届いているんだ。

 D:たしかに、貧富の両極化が中国の一番深刻な問題でしょう。

 Z:そしてずるい。たとえばパソコンや携帯電話など、日本はゼロから始まって、たくさんお金を投入して開発を続けてきたんだ。でも中国はその成果をまねするだけ。

 D:中国は経済的・技術的に遅れているので、ある程度しょうがないじゃないですか。

 Z:それはそうだけど、民間で研究し開発して、独自のものを作ればいいじゃん。でもそれがないんだよ。いつも他人のまねをするだけじゃ、将来自分で作る力がなくなるんだよ。

(4)日本の経済について

 Z:今問題になっているのは、株主という存在だ。昔は経営者・従業員・顧客という三角関係だったが、今は株主というものが入ってきて、ややこしくなってるんだ。経営者は従業員や顧客の意見を考えるほか、株主の都合も考えなければならない。

 株主はリターンさえ多ければいいから、従業員の待遇やお客さんの要求などまじめに考えないんだ。だから経営者の位置づけがおかしくなるわけだ。

 マネーゲームはぜんぜん面白くないよ。やっぱり世の中にないものを創り、それを必要とする人たちを喜ばせるのが一番最高な商売なんだから。

(つづく)

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。